FUNFUN mama

育児中のママのゆる~いブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご近所のおばさまが娘さんのところに引越してしまい、最後に遊びにいったときにくれた「布ぞうり」
大事にしまっておいたものを夏になってとりだしました!

そうしたら・・・・これはきもちええ・・・・

適度なつぼ押しになり、鼻緒も気持ちよく、さらさらで、さっとふけるし、洗濯機で洗えるし。
いいことづくめですわ~。

そこで一足では洗いがえがないので
自分でもつくってみました。

ネットでやり方見て、図書館で本借りて。

まずbefore
before.jpg

この鼻緒、気合いれてねじねじしたのですが、痛い・・・・・。
はくと甲に当たって痛いのです。
数日我慢したあげく、

after
after.jpg

ねじねじはやめて、ビニールひもに100円shopで買った黄色い水玉の(ほぼしろだけど)
ガーゼ生地のものに変えたら、とってもきもちええ・・・

また作りたいけど何足も作っても、登場しないのではもったいないので、またぼろになったら作ることにしました。
スポンサーサイト
今日は図書館へ。

正午すぎで暑いが自転車をこいで、、少しは運動になったかな?

娘がトトロの本が読みたいというので予約してあったのをとりに。
あとは私の本。

私のも何冊か借りてきて早速今日読んだ本は「誕生死」という本。
涙なくしてはとても読めない本。
お産などで小さい子供さんをなくした方のお話が記されている。

お産、人の命が誕生すること。
当たり前だと思っているようなことだけど、ぜんぜん当たり前ではない。
やっぱり人が誕生することは奇跡なんだなと思った。
与えられた命を大切に、やるだけやらないとな。
最近、命のことを考える機会が増えている気がする。

先日、娘とバスに乗り、大きいモールへ。
念願かなってtopsのカレーが食べれましたぜよ!

行きたいと思っていたけど子供が食べれるか微妙でしたが入ってみたら意外にすんなり。
私は本日のカレーでキーマカレーに豆類がたくさんのっていた見た目にも綺麗なカレー。娘はお子様用カレーを食べていました。
でも後半カライと言い出して、甘口なんだけど微妙な香辛料がわかるんでしょうな。
なのでケーキのハーフ?をたのみました。

昔からここのケーキ大好きで、懐かしくもあるけど最近ぜんぜん食べてないから、一口でもうれしかった~!
それよりもキーマカレーでおなかいっぱいで、満足でした。
またいつかいきまほー!

娘も4歳になったのでこういうちゃんとしたお店にも入れるようになったのかと。
これまではメニュー的にもマナー的にもやめとくかってなっていたけど、
まあおりこうにしていたので、彼女に女子的なものを見ました。

次の誕生日はこのケーキにしてもらうかのう~
tops cake

地震から、約4か月ですね。
まだまだ怖かったことを覚えています。

震災の後ぐらいに始まった?ドラマ「仁」をみてたんですけど、最初から泣けたんですけど、最終回はもう泣き通しでしたー。。。
いろいろ思ったので覚えておこうと思います。

えっと、今、普通に便利な暮らしをして、病気になったらお医者さんにみてもらえることも含めて、とても便利で豊かな生活をしている、それが当たり前だと思っていたと反省です。それは当たり前のことではなく、先人たち、ご先祖様、いろいろな人々の命がけの努力と良くしようという熱意があっての今の自分の生活なのだと思い直しました。
実際、祖父祖母のころでさえ、戦争、病気で簡単に命を落としたのですよね。なんとか生き延びてくれたからこその自分の親の命であり、そして自分が生まれた・・・。自分で生きているみたいな勘違いをしていたのではないかと思うんです。
なのでこの震災でとても人生観が変わったというか、気づかせてもらったというか、犠牲者の方がたには申し訳ないという思いです。
日々の生活ができていること、水を飲めること、歩けること、お風呂に入れること、家族とすごせること・・・生きているというもうすべてにとても感謝の思いが出てくるようになりました。
また、これを忘れてはいけないと思います。

最近、図書館でふと目に付いた本を借りたんです。「まんが日本の歴史1」・・・!
懐かしい本なのですが、そこには発見がたくさんありました。
原始時代(稲作をおこなう前の時代)の人は、天災がよくおこるので、つねに移動しながら生活していた。強風、嵐、水害、地震、などいろいろな自然災害で家が吹き飛ばされてはたくさん亡くなり、生き延びた人間で移動し、また集落を作る。だから常に自然にたいする畏れがあったんですね。安定した生活はしていなかったのだと思います。食料も含めて。すごく不安定な中で、明日もどうなるかはわからない状況で、生きてこられたわけです。なんかそういう意識が現代ではとても欠けているなと思いました。天災に対して、自然災害、自然にたいする畏れがなくなっていると思います。どこかで人間が地球をコントロールしているのではないかという勘違い?そういうものが原発をつくらせるのかな?
とにかく、この姿勢をわすれず、要は、起こるわけないではなく起こるかもしれない、防災意識が大事なんだと思います。心の準備があればとっさの行動もとれるはずです・・。
この本を読む前においといたら帰ってきた旦那さんがすぐ手にとって全部読んでました。w
そして「このころのほうが人間よかったのかもねー」って。w

なんだか書きたいだけ書いてこれで今日は終了です♪ww

今日はお昼ごはんも夜ごはんも揚げ物。
今日はおひな祭りでした。夜は簡単なちらし寿司とお吸い物と、ブリの竜田揚げ。
お昼は豚のこま切れのから揚げ?っていえるのかっていう揚げ物。
豚こまはコストコがこの辺では一番安いのでまとめ買い。
ブリは旦那が帰宅途中のスーパーで半額でゲットの品。

買えるなら何でも、半額で買うことに至極の喜びを見出す旦那。最初はちょっとひいたけど結婚して4年もたつと私もすっかりこのケチ部の部員に・・・。
まあそれはいいとして、
揚げ物の油って、もったいないから薄めにひくんだけど(ケチ部)、何回か使って捨てるので揚げ物が連続します。
ベル○ゾンのあぶらこしの入れ物を通すとなんか油がくさいので、越さないで捨ててます。もちろん燃えるゴミに。
紙にしみ込ませて捨てるのがベストかな~。固めるテンプルを使うまでの量でもないし。
いまいち、油の扱いに慣れてません。

今日は注文したスワロフスキーのサンキャッチャーが届いたので窓辺に吊るしました。きらきらしていてとても綺麗。

うびっぱ

Author:うびっぱ
4歳の女の子のママです。
親子とも体を動かすのが好きです。

何よりの楽しみは旅行。もっぱら国内です。
海が好きです。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。